<< 一覧に戻る

ドライアイリサーチアワード

BUT短縮型ドライアイにおける症状と角膜痛覚過敏との関係

海道美奈子

Frontiers in Dry Eye Vol.13 No.2, 32-33, 2018

この度は,2017年ドライアイリサーチアワードを拝受させて頂き,心より御礼申し上げます。本アワードを頂きました論文は2016年5月,『Investigative Ophthalmology & Visual Science』に掲載されました「BUT 短縮型ドライアイにおける症状と角膜痛覚過敏との関係:Relationship of corneal pain sensitivity with dry eye symptoms in dry eye with short tear break-up time」です1)。本稿では私がドライアイに携わるようになった経緯を紹介し,本論文を簡単に解説します。
「KEY WORDS」涙液安定性,BUT 短縮型ドライアイ,角膜知覚,角膜痛覚,Cochet-Bonnet 角膜知覚計

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る