<< 一覧に戻る

患者様満足度講座

患者様の満足度を高めるためのドライアイ診療とは

~術後④LASIK編~

戸田郁子掘裕一

Frontiers in Dry Eye Vol.13 No.1, 44-47, 2018

LASIKは臨床応用開始から30年近くが経過し,屈折矯正手術の主流としての地位を確立している。改良を重ねた最新の機械と技術を用いて施行されるモダンLASIKは,精度と安全性が非常に高く,術後の目標視力や屈折度数の達成率は95%を超えると報告されている1)。このように,LASIKの他覚的成績については今まで多数の報告がある一方,患者側にとっての術後満足度や自覚症状についての包括的な評価・報告はあまりない。LASIKはquality of life(QOL)を向上させる治療であり,最も大切なのは患者の自覚的満足度であるという再認識から,米国では2014年よりインターネットを駆使した大規模な満足度調査PROWL studyが試みられている2)。わが国でも,過去にLASIK後の不満を訴える患者やそれに対する過剰報道によって,LASIKの評判低下と患者数激減が起こった。LASIK後の満足度の向上を目指すためには,その正しい評価や対策,情報発信が重要である。特にドライアイは術後満足度を左右する大きな因子である。本稿ではその特徴とマネジメントのポイントについて解説する。
「KEY WORDS」LASIK,ドライアイ,見え方の質,角膜知覚

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る