<< 一覧に戻る

箱根ドライアイクラブ

箱根ドライアイクラブ10周年記念

~10年のあゆみ~

横井則彦坪田一男島﨑潤渡辺仁小川葉子村戸ドール

Frontiers in Dry Eye Vol.11 No.2, 1-6, 2016

箱根ドライアイクラブは,今年で10周年を迎えました。実行委員会でアイデアを出し合い,そして試し,良かったものは踏襲しながらも常にリニューアルし,現在のスタイルとなっています。そこには,ディスカッションを重視し,若者を育て,関連する異分野の基礎的進歩を取り入れ,アジアのエキスパートを招くなど,常に参加者を魅了してきました。閉会後に聞かれるのはいつも,「来年が楽しみ」,「大満足」,といったうれしい声ばかりです。この会に参加するには,初回は特に条件はなく,しかし2回目からは過去にドライアイの発表をしていることを条件としていて,これは現在も変わりありません。10周年を迎えるにあたり,その歩みを振り返ってみたいと思います。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る