<< 一覧に戻る

ドライアイリサーチアワード

受賞論文 解説 「シェーグレン症候群ドライアイ患者と非シェーグレン症候群ドライアイ患者における涙液蒸発率測定」

後藤英樹

Frontiers in Dry Eye Vol.4 No.2, 40-45, 2009

「背景および目的」LempによるNational Eye Instituteのドライアイレポートが報告されて以来1), 眼表面からの水分の喪失を示す涙液蒸発率測定は, 涙液の分泌量を示すシルマーテストとともに, ドライアイの病型分類のために重要な検査であると位置づけられている2). 涙液は瞬目により眼表面に広がり, 主に涙道に排泄され, 残りは空中に蒸発する. 涙液は油層・水層・ムチン層の3層構造をしており, ムチン層はゴブレット細胞から分泌され, 涙液水成分は涙腺から分泌され, 涙液油層はマイボーム腺から分泌される脂質から形成される. この涙液油層が涙液水層の上を覆って過剰な涙液蒸発を抑制している3)4). ドライアイにおいては, 涙液の総流量に対しての涙液蒸発の割合が正常者よりも増加していると考えられているため, 涙液蒸発の評価が重要であると考えられている5). ところが, 涙液分泌減少型ドライアイにおける涙液蒸発率の過去の研究結果は報告により一定していない.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る