<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 5th GAST SUMMIT JAPAN学術講演会ハイライト

ワークショップ:胃炎対策基本法制定は必要か? 3 胃がん対策法制化の問題点─そのメリット・デメリットとハードル─

菊地正悟

THE GI FOREFRONT Vol.17 No.1, 37-39, 2021

わが国のH.pylori感染率を出生年別にみると,1900年代生まれから1930年生まれまでのH.pylori感染率は約60%かそれ以上で推移している(図1)1)。しかし,これらの年代は高齢になってからH.pylori検査を受けており,胃粘膜の萎縮によるH.pyloriの自然消失が,見かけ上感染率を低く見積もっているものによるものであり,実際は,1908年生まれでは90%以上から1930年生まれで70%まで徐々に低下するような直線的な関数で示されると考えられる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る