<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 5th GAST SUMMIT JAPAN学術講演会ハイライト

ワークショップ:胃炎対策基本法制定は必要か? 2 法制化により市民が受けるメリット

加藤元嗣

THE GI FOREFRONT Vol.17 No.1, 34-36, 2021

わが国のH.pylori罹患率のメタ解析では,1958年生(62歳)の集団において50%,1983年生(37歳)において20%,1993年生(27歳)において10%である(2020年9月現在)。感染者数の合計は4,453万人(既感染者含む)であり,総人口に占める割合は35.5%である。H.pylori除菌数は2013年の保険適用拡大によって約3倍に増加し,全国で年間150~180万人程度となっている。現在までに除菌を終えた人数は約1,600万人にのぼると推測される。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る