<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 便秘症診療の最前線

4 日本の従来の便秘薬物治療の特徴とその効果

富田寿彦森すみれ三輪洋人

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 22-26, 2020

近年,新しい作用機序の便秘薬が続々と国内で発売され,便秘症の薬物治療は以前と比べると随分,様変わりしてきた。特に2017年10月にわが国で初めての診療ガイドラインが発刊されてから,さまざまなエビデンスが新たに構築されつつある。しかしながら,実際に実地臨床現場で便秘薬として使用されている医薬品としては,塩類下剤である酸化マグネシウムと刺激性下剤の使用率が90%を超えており,欧米での便秘診療の実情と大きく異なっている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る