<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 食道がん研究の最前線

5 治療

①食道がんの内視鏡治療

松野健司石原立

THE GI FOREFRONT Vol.15 No.1, 37-40, 2019

食道表在がんに対する内視鏡治療は,ESDにより広範な病変でも一括切除が可能となり,その普及とともに円熟期を迎えている。しかし,症例の高齢化や複数の併存疾患を認めるケースも増えており,さらなる安全性の向上や低侵襲化,またエビデンス構築が期待される。本稿では内視鏡治療法(EMR,ESD)およびその治療成績(短期,長期),鎮静法,偶発症対策,ESD-CRTなどを中心に概説し,今後の課題について考察した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る