<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 食道がん研究の最前線

3 食道扁平上皮がんの早期診断

清水勇一井上雅貴石川麻倫津田桃子山本桂子小野尚子坂本直哉

THE GI FOREFRONT Vol.15 No.1, 28-31, 2019

食道扁平上皮がんの早期診断は,従来,古典的な内視鏡白色光観察,およびヨード染色にて行われてきたが,NBIによるスクリーニングの有用性が相次いで報告され,さらに新世代のNBIが導入されることにより実用性は増した。近年,ECSによる早期がん診断の有用性が報告され,同機も市販化されたことにより,早期食道がん診断は新たなステージに入った。AIによる早期食道がん診断も試みられており,この分野は著しい進歩を遂げつつある。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る