<< 一覧に戻る

CURRENT TOPICS 特集 わが国から胃がんを撲滅するための方策

2 わが国から胃がんを撲滅するためのロードマップ─疫学の立場から─

菊地正悟

THE GI FOREFRONT Vol.14 No.1, 23-26, 2018

ピロリ菌の主な感染時期は小児期で,感染者は未感染者の20倍以上胃がんリスクが高く,除菌によってその0.3~0.5倍になる。このことから,わが国の胃がん対策として,小児期のピロリ菌感染の阻止とピロリ菌感染者の胃がん死防止の2つが必要である。前者は,子ができる以前の親の検査と除菌,後者はピロリ菌感染歴がある者の定期的な内視鏡検査によるべきであり,できるだけ効率的な方法で行い,効果を観察する必要がある。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る