<< 一覧に戻る

TOPICS OF GI 消化器疾患のトピックス

第24回 慢性便秘治療薬の最前線

中島淳

THE GI FOREFRONT Vol.12 No.2, 50-53, 2017

消化器疾患領域でこれまで過敏性腸症候群に代表されるような機能性疾患はわが国の臨床現場ではそもそも当該疾患に対する医師の知識の乏しさが原因で放置されてきた傾向があった。しかしながら高齢化を背景に慢性便秘患者の数は年々増加し,そのハイボリュームゾーンは60歳以上と,まさに高齢者の病気であるという状況まで来ており臨床現場ではもはや放置できない状況である。
“便秘は秘め事である”といわれ,このためわが国に限ればこれまでに便秘患者の問題点がクローズアップされることは少なかった。しかしながらわが国でも最近ようやく医師や患者が機能性疾患の患者QOLの低さに欧米並みに注目するようになってきた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る