<< 一覧に戻る

TAKEDA GI FORUM 2014 胃食道逆流症(GERD)診療ガイドラインを再考する

自覚症状の評価,内視鏡診断について

草野元康

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 76-77, 2014

「GERD診断における問題点」GERD診断ではGERDを疑う症状が重要となる。GERD診療ガイドラインに,胸やけ症状は患者に正しく理解されているとは限らないという記載があるが,むしろGERD症状は医師に正しく理解されているとは限らず,患者の訴えを医師がうまく理解しているのか,やや疑問である。LA分類のGrade AとBの軽症REとGrade CとDの重症REで胃酸逆流回数にあまり差はないが,重症REではクリアランスが悪い。一方,Grade M(minimal change)は逆流回数は多いものの,クリアランスはよい。組織学的には乳頭延長,粘膜線維化,リンパ球浸潤などの炎症所見があり,白色部位では粘膜肥厚もみられる。そのため,最近我々はGrade Mは明らかな逆流症であるというスタンスを取っている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る