<< 一覧に戻る

TAKEDA GI FORUM 2014 胃食道逆流症(GERD)診療ガイドラインを再考する

酸逆流と食道内酸クリアランス

岩切勝彦

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 75-76, 2014

「胃酸逆流のメカニズム」胃酸逆流は下部食道括約筋(lower esophageal sphincter:LES)圧が低値の状態で発生する。LES圧が低値な状態とは,LESが弛緩している場合と,LES圧が元来低値の場合である。嚥下時にはLES弛緩が起こるが,LES弛緩時の胃酸逆流の95%以上は嚥下を伴わないLES弛緩時に発生し,これを一過性LES弛緩(transient lower esophageal sphincter relaxation:TLESR)という。TLESRは「げっぷ」のメカニズムであり,誰にでも起こり得る生理的なものである。TLESRにより空気と胃酸が逆流する場合と,空気のみが逆流する場合があり,必ずしも酸逆流を伴うわけではない。TLESRは食後の胃底部の伸展刺激や,脂肪摂取によって十二指腸から分泌されるコレシストキニン(CCK)刺激により誘発される。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る