<< 一覧に戻る

TAKEDA GI FORUM 2014 胃食道逆流症(GERD)診療ガイドラインを再考する

日本人のGERD患者は増加しているのか,今後増加するのか,臨床的特徴はなにか

藤原靖弘

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 74-75, 2014

「日本人のGERD患者は1990年代後半より増加」GERDの疾患概念は1990年くらいにわが国にも徐々に浸透し,その後,モントリオール定義では食道外症状・食道外疾患も含められるようになった。しかし,食道外症状・食道外疾患は必ずしもGERDではないこともあり,原疾患に基づく治療で反応しない場合にGERDを疑うこととなる。わが国のGERD患者は1990年代後半から増加しており,それは疾患概念の変化,疾患認知度・関心度の増加,PPIが幅広く市場で用いられるようになったことが大きな要因である。また,食生活の欧米化,胃酸分泌能の亢進,H.pylori感染率低下,体重増加,肥満増加,メタボリックシンドローム(MS)の増加,NSAIDs・アスピリン,Ca拮抗薬などの服用増加,および高齢化も影響を与えた因子と思われる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る