<< 一覧に戻る

特集 わが国のNSAIDs起因性消化管傷害

わが国におけるNSAIDs起因性消化管傷害の特徴

佐藤貴一菅野健太郎

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.1, 23-25, 2014

わが国におけるNSAIDsによる上部消化管出血のケースコントロール研究において, 上部消化管出血のオッズ比は, アスピリンで5.5, 他のNSAIDsで6.1であった. 潰瘍の内視鏡所見の報告では, NSAIDs服用群は, Helicobacter pylori(H.pylori)感染の有無にかかわらず, 前庭部, 多発, 不整形潰瘍の頻度が高かった. 低用量アスピリン服用群は, H.pylori陰性例で前庭部潰瘍の頻度が高く, H.pylori感染の有無にかかわらず多発潰瘍の頻度が高かった. 「はじめに」消化性潰瘍の成因としては, H.pylori感染とNSAIDsが2大リスクファクターである. わが国におけるNSAIDs起因性潰瘍の頻度や特徴について, 概説する. 「1 NSAIDs潰瘍の頻度」わが国におけるNSAIDsによる上部消化管出血のケースコントロール研究が報告されている1). 上部消化管出血のオッズ比は, アスピリンで5.5, 他のNSAIDsで6.1であった.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る