<< 一覧に戻る

GI-Metabolism Forum

第4回GI-Metabolism Forum 演題4 ラットNSAIDs起因性小腸粘膜傷害におけるDPP Ⅳ選択阻害薬の効果

藤原薫

THE GI FOREFRONT Vol.9 No.2, 82, 2014

「DPP-IV阻害薬はNSAIDs起因性小腸粘膜傷害を予防」腸管内栄養素は消化管内分泌細胞L細胞からtaste receptorを介し, glucagon-like peptide (GLP)-2を分泌させる. 外因性GLP-2は消化管の絨毛上皮を増殖させ, 粘膜傷害を抑制するといわれているが, 内因性GLP-2については不明な点が多い. GLP-1はdipeptidyl peptidase-IV (DPP-IV)により速やかに不活化されることから, DPP-IV阻害薬は2型糖尿病治療薬として用いられている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る