<< 一覧に戻る

TAKEDA GI FORUM 2013 H.pylori除菌の諸問題

H.pylori除菌の諸問題

THE GI FOREFRONT Vol.9 No.1, 67-73, 2013

H.pylori感染胃炎に対する除菌保険適応が承認された. これを受けて本フォーラムでは「H.pylori除菌の諸問題」をテーマとし, 除菌治療のエキスパートの先生方に感染診断と除菌判定における各検査法の利点・欠点, 保険適応となっていない三次除菌を含めた最新の除菌治療法, および胃癌予防を含めた除菌治療の有用性について講演いただいた. さらに特別発言において浅香正博先生はH.pylori除菌の最終目的について言及され, 今回の保険適用拡大によって, 胃の病気の多くが抑制される可能性が出てきたと強調された. 「Opening Remarks」座長 上村直実 国立国際医療研究センター国府台病院院長 2013年2月21日にH.pylori感染胃炎に対する効能・効果追加の公知申請が承認され, 同月22日より除菌療法が可能となった. このタイミングで「TAKEDA GI FORUM」が開催することができたことはとても喜ばしいことである.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る