<< 一覧に戻る

GI-Metabolism Forum

第2回GI-Metabolism Forum 演題4 上部消化管傷害における低用量アスピリンとTFFの関係

河合隆

THE GI FOREFRONT Vol.7 No.2, 90-91, 2012

「アスピリンによる傷害にもTFFが関連する可能性も」低用量アスピリンの上部消化管傷害とtrefoil family factors(TFF)の関連について検討した. H. pylori陰性の健常ボランティア30名を無作為に低用量アスピリン単独群, 低用量アスピリンとプロトンポンプ阻害薬(PPI)併用群, 低用量アスピリンとレパミピド併用群の3群に分け, 7日間内服投与し, 経鼻内視鏡を投与前, 投与24時間後, 3日目, 7日目に試行し, 同時に血清および胃液を採取した. びらんと発赤はアスピリン単独群では3日目にピークとなり, 7日目には改善した. PPI群やレバミピド群では, 投与前に認められたびらんや発赤も改善しており, 発赤については3日目に単独群に比べ有意差がみられた. 点状出血はプラセボ群では7日目がピークであったが, PPIやレバミピドの併用群では投与前の所見が改善され, 両群ともに単独群と比べ有意差が認められた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る