<< 一覧に戻る

特集 肝炎・肝癌との比較で胃炎・胃癌対策を考える―第16回JAPANGAST Study Groupハイライト―

Workshop「肝炎・肝癌との比較で胃炎・胃癌対策を考える」 内視鏡検診

細川治

THE GI FOREFRONT Vol.7 No.2, 32-34, 2012

1964年から始まったX線による胃がん検診は, 近年受診者数の増加が止まっている. 近年, 胃がん内視鏡検診の有効性についての報告が出ており, 内視鏡検査は対策型検診としても実施すべきと考えられつつある. しかし, 内視鏡検診は行政支出の増加, 多人数の検査が実施できないという問題がある. また他のがん検診に比べ, 胃がん検診のキャンペーンは規模が小さい. 今後, 胃がん撲滅への方法論を統一し, 行政や市民に働きかける努力が必要である. 「はじめに」X線検査による胃がん検診は, 多数存在するがん検診の先駆けとして1964年に開始された. 公的助成が財源であることから, 保険行政のあり方によって進捗が変化している. 「1 X線検診の現状」2008年には656万人が胃がん検診を受診し, うち5,578例が胃がんと診断されている. X線検診の胃がん死亡率減少効果が報告されており1)-4), その結果, 2006年3月に公表された厚生労働省研究班のガイドラインにおいて, 胃X線検査による胃がん検診の実施を勧めるとの評価を受けた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る