<< 一覧に戻る

巻頭言

Edward Boyden

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.1, 4-10, 2019

加齢疾患にはがんや心筋梗塞などさまざまな疾患があるが,やはりアルツハイマー病や脳梗塞のような“脳”関連が大きい。今回紹介するBoyden先生が開発した脳への刺激方法は,特定の場所に特定の周波数を与えることができる画期的なものだ。昨年6月号(第14巻第3号)の巻頭インタビューで,同じくMITのLi-Huei Tsai先生を紹介したのを覚えているだろうか。脳にガンマ波という40Hzの脳波を作り出すとグリア細胞が活性化し,βアミロイドの蓄積が少なくなることを報告している。もし,この2つの技術を組み合わせて,特定の脳の部位のアミロイドの蓄積を減らすことができたら,こんなにすごいことはない。全くの無侵襲であるのですでに臨床応用まで行われており,認知症問題解決の一つの可能性として期待されている。Boyden先生のインタビューをお聞きください。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る