<< 検索結果に戻る

第51回 DNA-PKは加齢に伴い生じるミトコンドリア機能,代謝能,身体的能力の低下を促進する

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 98-102, 2017

骨格筋をはじめとする組織では,加齢に伴いミトコンドリアの量や機能が失われていく。ミトコンドリアは栄養をエネルギーや熱に変換するため,その減少は高齢化に伴う代謝能の低下や,運動能力の低下につながる。
AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)は,グルコース摂取,脂肪酸酸化,エネルギー産生,ミトコンドリア生合成刺激など,数多くの機能が報告されており,ミトコンドリア機能およびエネルギーバランス保持の重要な制御因子でもある。
AMPK活性の増加は内臓脂肪を減少させ,骨格筋のミトコンドリア生合成およびエネルギー産生を増加させ,体力の改善をもたらすとされている一方で,加齢に伴うAMPK活性の低下は,骨格筋のミトコンドリア機能障害,グルコース取り込みの障害,および運動能力の低下を引き起こすとされる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録