<< 一覧に戻る

エイジングサイエンス

第47回 Urolithin A はマイトファジーを誘導し,線虫の寿命延長と齧歯類の筋機能増強に働く

門野至小倉慶雄古家大祐

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.6, 96-99, 2016

かつて,ベリーやナッツなどの野生の木の実は人類にとって非常に重要な栄養源であり,それらの多くには自然化合物であるEllagitannins(ETs)が含まれていた。現代においては,ザクロにも多くのETsが含有され,日常的に広く摂取されている。ETsは胃で加水分解されるとEllagic Acid(EA)となり,それがさらに腸内細菌叢により代謝され,最終産物のUrolithin A(UA),Urolithin B(UB),Urolithin C(UC),Urolithin D(UD)になるとされる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る