<< 一覧に戻る

第27回 朝茶はその日の難逃れ

アンチ・エイジング医学 Vol.10 No.6, 125, 2014

「朝茶はその日の難逃れ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「朝茶は福が増す」「朝茶は七里帰っても(「三里行っても」とも)飲め」などなど,いろいろな表現があるようですが,いずれも「朝にお茶を飲むことの効用」を説いているとされています。「朝,お茶を飲むとその日一日の災難を逃れることができ,一日の幸福が増すので忘れずに飲みましょう」という意味でしょう。もちろん,昔からいわれる故事成句ですから,この「茶」が「紅茶」や「ウーロン茶」などではなく「緑茶(日本茶)」のことを指すのは明らかです。お茶が体によいことを知っていた先人たちが,現代に残してくれたメッセージといえるでしょう。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

抄録