<< 一覧に戻る

総説

時間栄養学とアンチエイジング

Chronobiological Nutrition and Antiaging

香川靖雄

アンチ・エイジング医学 Vol.10 No.2, 52-59, 2014

「はじめに」 エイジングは時間経過に伴う生命現象であることは自明であるが, それを支配している2種の生物時計, すなわち時計遺伝子とテロメアの関連からエイジングを解析した論文1)2)は少ない. なぜなら, 長い老化研究の歴史で, 人体の時計遺伝子の分子機構が知られたのは今世紀に入ってからで, テロメア研究にノーベル医学生理学賞が授与されたのも2009年のことだからである. 時計遺伝子は日周リズムを支配する振り子型時計であり, テロメアは一方向性に短縮して健康や寿命をスケジュールする砂時計である. 人体の時間栄養学とは, 生物時計の機能を基盤として, 心身の活動を最適に保ち, 体力・学力を高め, 生活習慣病を予防してアンチエイジングを実現する栄養学である. アンチエイジングのために最適の栄養素, 運動, 健康食品などを揃えても, 日周リズムを乱すだけで, 高血圧, 肥満, 高血糖などを起こすことが人体試験で確認されている1)3).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る