<< 一覧に戻る

第19回 寝る子は育つ

アンチ・エイジング医学 Vol.9 No.3, 93-93, 2013

「寝る子は育つ」という言葉があります. 昔からのことわざで, 一般的には「よく寝る子は健康な証拠だ」とか「よく寝る子は成長する」いったような意味に解釈されているようです. 実は, この「寝る子は育つ」という言葉, 医学的にも正しい表現のようです. 子どもの成長に大きく関与するhGH(ヒト成長ホルモン)というホルモンがあります. このhGHは睡眠時にたくさん分泌されることがわかっています. つまり, よく寝る子はhGHの分泌も活発なので, よく成長すると解釈できるわけです. このhGHですが, 成長期にだけ必要なわけではありません. hGHは, ダメージを受けた骨や筋肉, 肌などの回復, そして体の細胞そのもの修復をする作用があります.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

抄録