<< 一覧に戻る

特集 サプリメント・フードファクターupdate

消化管とサプリメント・フードファクター

内藤裕二

アンチ・エイジング医学 Vol.8 No.2, 43-51, 2012

「はじめに」 消化管における疾患構造は少しずつ変化している. 消化管疾患の診断学においては内視鏡, X線画像診断の進歩による医学へのこれまでの貢献は多大であり, 特にわが国においてこれらの診断・治療学は飛躍的に進歩してきた. 消化管領域では, 食道癌, 胃癌, 大腸癌の早期診断, 内視鏡治療が確実に進歩し, 間違いなくこの分野で日本は世界をリードしている. 21世紀になり, このような内視鏡, X線画像では全く. 異常をみつけられないにもかかわらず, 症状を有する患者群が極めて多いことが明らかとなり, さらにこういった機能性消化管障害の患者のQOL (quality of life)が意外に低いことが大きな臨床的問題としてクローズアップされて生きた. 「機能性食品」という言葉は日本で生まれたものであるが, 多くの生活習慣病に対する予防効能が期待され, 研究が展開されてきている. 食物はまずは消化管に入って消化され, 腸内細菌叢との相互作用, 腸管上皮との相互作用, 腸管上皮による代謝を受ける.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る