<< 一覧に戻る

Special Articles

【基礎】皮膚自然リンパ球とアトピー性皮膚炎

小林哲郎

皮膚アレルギーフロンティア Vol.20 No.1, 17-21, 2022

組織からの活性化シグナルによって,IL-5やIL-13を産生する自然リンパ球(ILC)はアレルギーのみならず免疫システム全体を理解するうえで欠かすことのできない細胞であることがわかってきた.現在,ILCを治療ターゲットとしようとする熱意が大きな原動力となり,アレルギー疾患におけるILC研究が進んでいる.特にアトピー性皮膚炎はアレルギー疾患ではあるものの,抗原特異的IgEだけではその病態を説明することはできず,ILCによる抗原非特異的な2型免疫の関与を考えることが病態理解の鍵となる.
「KEY WORDS」自然リンパ球(ILC),2型自然リンパ球(ILC2),2型免疫,アトピー性皮膚炎(AD)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る