<< 一覧に戻る

特集 これからのアトピー性皮膚炎の治療

1 オーバービュー:アトピー性皮膚炎の根治と合併症を考える

~複雑な局所の炎症をどう抑制するか~

山中恵一

皮膚アレルギーフロンティア Vol.19 No.1, 7-10, 2021

アトピー性皮膚炎(AD)は遺伝的素因に環境因子などが加わることで発症する多病因性の疾患である.Type2サイトカインの誘導されやすさというアトピー素因と,表皮角化細胞層におけるバリア機能の脆弱性などを背景にして,瘙痒が増悪因子となりさまざまな病因が複合的にかかわることで病態を形成している.近年の研究で鍵となるサイトカインは明らかになりつつあり,症状の遷延化の因子も解明されつつある.さらには炎症の持続によって生じ得る内臓の合併症も本項でまとめる.
「KEY WORDS」アトピー性皮膚炎,バリア機能,Type2サイトカイン,Memory T細胞,合併症

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る