<< 一覧に戻る

データを読む

テラプレビル使用成績調査(中間集計)

末木博彦鳥居秀嗣大槻マミ太郎

皮膚アレルギーフロンティア Vol.13 No.2, 48-50, 2015

「SUMMARY」安全性解析対象症例6,901例のうち皮膚障害は4,134例(59.9%)にみられ,重篤と判断されたのは409例(5.93%)であった.皮膚症状検討委員会で検討したところスティーブンス・ジョンソン症候群として報告された6例中1例は多形紅斑重症型,5例は情報不足もしくは臨床写真がなく,判定できなかった.中毒性表皮壊死融解症2例,薬剤性過敏症症候群4例が確認された.統計学的に有意なリスク因子はアレルギー歴あり,テラプレビル初回投与量2,250mg/日,ペグインターフェロンα2b初回投与量1.5μg/kg超,男性,治療開始時の重症薬疹リスク薬の併用,体重(10kg減少するごとに)であった.皮膚科と肝臓内科の連携が奏効した.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る