<< 一覧に戻る

特集 すべては経皮感作から始まる

経皮感作はなぜ重要か?~皮膚バリア障害からみたアトピー疾患~

From skin barrier to atopic diseases

久保亮治天谷雅行

皮膚アレルギーフロンティア Vol.11 No.3, 7-11, 2013

「Summary」皮膚はわれわれの身体の外表を覆い, 外界と生体の境界をなすバリアである. 哺乳類皮膚表皮のバリアは, 角質バリアとタイトジャンクションバリアの2つの要素から構成される. 皮膚の最表層を覆う角質層のバリア機能不全が, 慢性的な外来抗原の経皮的侵入の増加を招き, 経皮感作が成立しやすくなることで, さまざまなアトピー疾患の発症要因となるという仮説が注目されている. 先天的な角質バリア障害がアトピー疾患の発症要因となることが明らかになってきたことで, 経皮感作を出発点としたアトピー疾患の病態形成機構が注目を集めている. 「はじめに」皮膚は, われわれの身体の外表を覆う構造物である. その最も重要な機能は, 外界と生体の境界をなすバリアとしての機能である. 外界からの刺激・侵略に対するバリアとして, 物理的な外的刺激によるダメージを防ぎ, 病原微生物の繁殖・侵入を防ぎ, アレルゲンの侵入を防ぐ.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る