<< 一覧に戻る

アレルギーをめぐるトレンド

~ここが知りたい~IgEの不思議

川上敏明川上裕子

皮膚アレルギーフロンティア Vol.11 No.1, 46-48, 2013

イムノグロブリンE(Immunoglobulin E;IgE)は, 1966年に石坂公成・照子夫妻によって発見された, 即時型アレルギーを惹起する抗体分子である. アレルギー反応を誘発する細胞としてマスト細胞・好塩基球が同定され, これらの細胞表面には高親和性受容体FcεRIが発現されていて, FcεRIに結合したIgEに多価の抗原(=アレルゲン)が結合することで, 複数のFcεRIが会合する. この結果, マスト細胞(または好塩基球)は活性化され, 脱顆粒・ロイコトリエンやプロスタグランディンの産生・放出, さらには各種サイトカイン・キモカインが産生・分泌される. 分泌顆粒から放出されるヒスタミン・セロトニンは血管透過性を亢進させ急性反応(1時間以内)を引き起こし, TNFやIL-33などのサイトカインは後期反応(2~24時間)を誘発する. さて, IgEの生物学的意義は何か?シグナル伝達が中心の当研究室(図1~3)だが, 2001年にマウス骨髄由来マスト細胞をIgEと培養するだけで細胞の生存が亢進することを報告している.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る