<< 一覧に戻る

Orthopractice―私の治療法 生物学的製剤~点滴製剤か,皮下注製剤か

コメント

竹内勤

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.9 No.2, 27, 2011

 生物学的製剤には,現在,点滴製剤と皮下注製剤がある.同じ標的の製剤では,どちらの剤型を選択するか? 点滴製剤では,点滴を行う場所や人員の確保など,施設によっては選択の余地すらないことも想定される.そのような制約は当然考えられるが,関節リウマチ(RA)治療にあたって本来の生物学的製剤の最高のパフォーマンスを引き出すためには,どちらが良いのか.興味深い課題である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る