<< 一覧に戻る

Orthopractice―私の治療法 生物学的製剤~点滴製剤か,皮下注製剤か

総論

竹内勤

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.9 No.2, 10-11, 2011

 分子標的に対する生物学的製剤の導入によって,関節リウマチの治療にはパラダイムシフトが起こり,従来では考えられなかった治療効果が認められている.一方,生物学的製剤に特有の注射時反応や,標的分子を抑制することと関連する感染症などの副作用が課題となっており,高コストの問題も臨床現場では常に大きなハードルとして導入の障壁となっている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る