<< 検索結果に戻る

2.循環器内科専門医から診る糖尿病合併動脈硬化の病態と診療

2)積極的脂質管理の意義

Angiology Frontier Vol.15 No.3, 46-51, 2016

糖尿病患者の冠動脈疾患危険因子として最も重要であるのが高低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)血症であり,より積極的な脂質管理が必要である。これまでの臨床研究から一次予防・二次予防ともに多くのエビデンスが構築され,より早期からのスタチンを用いた積極的LDL-C低下療法の重要性は疑う余地がない。糖尿病患者に対しては,ほぼ全例にスタチンの投与が推奨されるようになった。しかし,LDL-Cをどこまで低下させるかについてのエビデンスは十分ではない。そのなかで,PCSK9阻害薬という強力なLDL-C低下作用をもつ新薬が登場し,世界的にも糖尿病合併虚血性心疾患に対するこれまでにないLDL-C低下の有効性に関するエビデンスが期待されている。
「KEY WORDS」糖尿病,高LDL-C血症,虚血性心疾患,スタチン,PCSK9

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録