<< 一覧に戻る

特集 肺高血圧症治療の最前線

慢性血栓塞栓性肺高血圧症

Chronic thromboembolic pulmonary hypertension

佐藤徹

Angiology Frontier Vol.14 No.2, 51-58, 2015

「Summary」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)は,「肺動脈内の血栓あるいは塞栓により肺血流が減少して肺高血圧症(PH)を生じ,これが3ヵ月以上持続している病態」と定義される。急性肺血栓塞栓症からの移行は5%ほどで,ゆっくりと進行し,PHをきたしてみつかる。PHは労作時息切れが症状の主体で,心エコー検査を施行して診断される。そして,PHの鑑別において,左心疾患によるもの,肺疾患によるものを除外し,肺血流シンチグラムを施行してCTEPHの診断にたどり着く。さらに,右心カテーテル検査,肺動脈造影を行い確定診断される。肺動脈血栓内膜摘除術によりはじめて予後の改善が得られたが,肺血管拡張薬の併用でも予後の改善が認められ,新しく開発された可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激薬であるリオシグアトは単独でも6分間歩行距離を有意に改善した。また,2008年頃から盛んになったカテーテルによる肺動脈形成術は,著明な改善効果があり合併症もほぼ制圧され,今後の発展が期待されている。
「Key words」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH),リオシグアト,肺動脈形成術

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る