<< 一覧に戻る

冠動脈プラーク進展抑制とスタチン:冠動脈イメージングを用いた評価

Impact of statin on the prevention of progression of coronary atherosclerosis;an assessment by invasive and noninvasive coronary imaging modalities

Angiology Frontier Vol.10 No.3, 29-34, 2011

Summary
 今までに施行された大規模臨床試験から心血管疾患に対するスタチンの有効性は確立されているものの,そのメカニズムは不明の点も多い。近年の血管内超音波(IVUS),IB-IVUS,VH-IVUS,光干渉断層像(OCT)などによる侵襲的,あるいは冠動脈CT(CTA)による非侵襲的冠動脈イメージングを用いた研究から,スタチン投与により冠動脈プラークは量的にも質的にも変化することが明らかとなった。今後は,おのおののイメージングの弱点を補完しあうmultiple imaging modalitiesを用いた研究や,今回有用性が示された非侵襲的なCTAなどを用いた大規模な検討が必要とされるであろう。

記事全文を読む »

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

特集