<< 一覧に戻る

レニン-アンジオテンシン系阻害薬の新しい話題

RA系阻害と糖尿病

Renin-angiotensin system inhibition and diabetes mellitus

前田泰孝井口登與志

Angiology Frontier Vol.10 No.1, 50-56, 2011

Summary
 糖尿病のさまざまな臓器障害において,レニン-アンジオテンシン(RA)系阻害による保護効果が報告されている。本稿では,特に標的臓器の組織RA系が重要な役割を担っており,酸化ストレスや炎症を包含する悪性サイクルを形成することで糖尿病臓器障害の発症・進展に大きく寄与している可能性を示す。糖尿病におけるRA系阻害は,臓器障害の発症・進展機序を抑制する本質的な治療薬となりうることが推定される。新たにレニン阻害薬が加わり,今後はいかにアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)と使い分けるべきか,あるいは併用することで相加的な効果が望めるのかといったことが焦点となるであろう。また,組織アンジオテンシンⅡ(AⅡ)産生系を標的とした創薬の可能性についても言及する。

Key words
●レニン-アンジオテンシン系 ●酸化ストレス ●糖尿病 ●キマーゼ ●NAD(P)Hオキシダーゼ

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る