<< 一覧に戻る

レニン-アンジオテンシン系阻害薬の新しい話題

直接的レニン阻害薬

Direct renin inhibitor

市原淳弘伊藤裕

Angiology Frontier Vol.10 No.1, 39-44, 2011

Summary
 レニン-アンジオテンシン系(RAS)の最上流反応を触媒するレニンの酵素活性を抑制する直接的レニン阻害薬(DRI)が臨床応用されるに至った。DRIのアリスキレンは,ヒトレニンを特異的に阻害し降圧作用が長く続き組織親和性が高いため,臓器保護効果,特に腎保護効果が期待できる。RASを最上流で抑制するDRIは,従来のRAS阻害薬のネガティブフィードバック機構を介した弱点を補強するため,併用療法で安全かつ有用であることがすでに報告されている。(プロ)レニン受容体との関係にいまだ不明な点もあるが,従来のRAS阻害薬を超えた降圧と臓器保護効果が期待できるため,近い将来に第1選択薬となりうる降圧薬である。

Key words
●アスパラギン酸プロテアーゼ ●レニン活性 ●アンジオテンシンⅡ ●アルドステロン ●(プロ)レニン受容体

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る