<< 一覧に戻る

レニン-アンジオテンシン系阻害薬の新しい話題

特集にあたって

井口登與志

Angiology Frontier Vol.10 No.1, 18, 2011

 レニン-アンジオテンシン(RA)系は,血圧調節にきわめて重要な役割を果たしている生体内システムであり,アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)とアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬は種々の病態において第一選択の降圧薬として広く使用されている。また最近,RA系の最上流であるレニンの酵素活性を抑制する直接的レニン阻害薬,またRA系の下流となるアルドステロンの効果を抑制する抗アルドステロン薬も臨床応用可能となり,降圧治療におけるこれらの薬剤の位置付けの確立が重要な課題となっている。さらに,これらの薬剤は降圧効果のみではなく,その臓器保護や全く新しい作用機序に基づく臨床的効果が期待されている。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る