<< 検索結果に戻る

臨床腎臓病学の課題と将来展望(2):水・電解質代謝分野について

Nephrology Frontier Vol.15 No.4, 22-26, 2016

①慢性低Na血症では骨折の合併が多いが,破骨細胞の活性が関与していることが示唆されている.
②低Na・高K食摂取時には,BKチャネルがK排泄に不可欠である.
③SGLT2阻害薬内服下では尿からの糖喪失が多く,正常血糖性糖尿病性ケトアシドーシスをきたしうる.
「KEY WORDS」オミックス解析,バイオマーカー,遠隔診断,分子標的薬

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録