<< 一覧に戻る

特集 尿酸と心・腎・血管障害

高尿酸血症・低尿酸血症と腎

Hyperuricemia, hypouricemia, and renal risk

座間味亮古波蔵健太郎大屋祐輔

Nephrology Frontier Vol.15 No.2, 22-26, 2016

「SUMMARY」無症候性高尿酸血症が慢性腎臓病(CKD)の原因になる可能性が疫学研究や小規模な介入研究などから示唆され,細動脈硬化症がその機序に関連している可能性がある.近年,新しいキサンチンオキシダーゼ(XO)阻害薬の登場によりCKD患者でも比較的安全に尿酸値を下げることが可能になってきた.今後,腎保護の観点から高尿酸血症に対する治療を検討する必要がある.一方,尿酸自体に抗酸化作用があり,低尿酸血症も急性腎障害やCKDの原因になる可能性も示唆されている.
「KEY WORDS」無症候性高尿酸血症,低尿酸血症,慢性腎臓病,細動脈硬化症,運動誘発性急性腎不全

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る