<< 一覧に戻る

特集 腎臓再生医療の現状

(座談会)腎臓再生医療の現状

横尾隆長船健二西中村隆一前嶋明人

Nephrology Frontier Vol.14 No.2, 10-17, 2015

再生医療において,複雑な構造を持つ腎臓の再生は最も難しいものといわれている.研究費など,研究以外の障壁とも向き合いながら,細胞選択,細胞療法の応用などについても思案していかねばならない.本座談会では,我が国の腎臓再生医療をリードしてくださっている先生方をお招きし,注目される問題点や今後の課題について,お話を頂戴した.
「Ⅰ 臨床応用に向けた研究以外の障壁」
横尾:再生医療において,腎臓は最も難しい臓器といわれ,諦められているような状況がありますが,そんななかで我が国は世界を大いにリードしているのではないかと思います.本日は,腎臓再生について最前線を走ってくださっている先生方に,現状や考え方などに加え,今後のブレイクスルーの可能性についてもお話しいただければと思い,お集まりいただきました.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る