<< 一覧に戻る

検尿ノススメ

第29回 Bence Jones蛋白

横山貴堀田茂小川哲也新田孝作

Nephrology Frontier Vol.8, No.2, 44-47, 2009

「はじめに」Bence Jones蛋白(Bence Jones protein:BJP)は, 多発性骨髄腫患者の尿中にしばしば認められる. この蛋白は, 異常産生された免疫グロブリンのうち, 分子量約45kDの遊離されたL鎖あるいはL鎖の重合体が, 単一クローン性に血中および尿中へ排泄されたものである. 多発性骨髄腫の患者では約50%に腎障害が出現し, 頻度の高いものに骨髄腫腎, アミロイド腎症や軽鎖沈着症などがある1). これより, BJPの検出は多発性骨髄腫およびそれに伴う腎障害の診断と治療を行うためには重要な検査と考える. 本稿では, 2008年4月~2009年3月の期間において, 当院一般検査課にBJPの検査依頼があった259例中, 陽性を呈した34例について患者背景と疾患を調べた. さらに, 多発性骨髄腫と診断された8例については, 平均値による生化学値, 腎機能値や尿検査所見との関係について検討を行った.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る