<< 一覧に戻る

Withコロナ時代の花粉症診療

インタビュー 2021年の花粉症シーズンを振り返って―翌年に向けて―

大久保公裕

鼻アレルギーフロンティア Vol.21 No.1, 26-32, 2021

2020年の花粉症シーズンは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大と重なり、花粉症患者が感染リスクへの懸念から受診を控えるなど、これまでにない診療の展開となった。先行き不透明感に現場も混迷を深めるなか、感染拡大下で2度目の花粉症シーズンを迎え、花粉症の症状を改善したい患者が徐々に診療に戻ってきた。新型コロナウイルス感染症への感染リスク低減への配慮から、オンライン診療や受診頻度を減らすといった試行錯誤が続くなかで2021年の花粉症シーズンはどのような診療が行われたのか。患者ニーズの変化や、新型コロナウイルス感染症終息後の花粉症診療の展望も含め、日本医科大学大学院医学研究科頭頸部感覚器科学分野教授大久保公裕先生にお話しいただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る