<< 一覧に戻る

耳鼻咽喉科アレルギー研究・診療施設紹介

金沢医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学部門

志賀英明三輪高喜

鼻アレルギーフロンティア Vol.12 No.3, 38-42, 2012

「教室の沿革」金沢医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室は1974年1月1日に初代主任教授, 山下公一先生(現金沢医科大学理事)の下に開設された. 山下教授は, 教育, 診療, 研究の仕事に加えて病院長や理事長なども歴任され, 草創期の大学と教室の建設と発展に全身全霊を打ち込んだ. 特に臨床面において, わが国における鼻副鼻腔内視鏡手術のパイオニアとして, 鼻科学の発展に多大な足跡を残した. 1997年4月に2代目主任教授として友田幸一先生が教室を受け継ぎ, 2008年7月まで在職した. 友田教授は耳鼻咽喉科手術支援機器としてナビゲーションシステムを導入するとともに, 鼻副鼻腔内視鏡手術の遠隔教育システムの開発にも力を注ぎ, 山下初代教授と同様にわが国の鼻科学領域に新たな足跡を残した. 2009年5月から, 第3代主任教授に就任した三輪高喜先生(部門教授)の下, 新たな教室がスタートした.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る