<< 一覧に戻る

統合失調症の予後と展望―社会復帰をめざして

統合失調症の早期介入・初期治療と予後

鈴木道雄高橋努田仲耕大

Schizophrenia Frontier Vol.10 No.3, 18-23, 2009

「要約」統合失調症においては, 精神病未治療期間(DUP)が長いと転帰が不良であるという多くの報告がある. 予後を改善するためには, 初回エピソードにおいて, より早期に適切な治療を開始することが重要である. また発症からの数年間は臨床症状や社会機能の悪化, 再発などが生じやすく, 長期予後を左右する治療臨界期と考えられ, より重点的な介入が求められる. 近年では, 精神病発症高リスク状態(ARMS), すなわち前駆期が疑われる状態に対する介入研究も行われているが, まだ未解明の課題が多い. 脳構造画像研究によって, 主として前駆期から初回エピソードに生じる進行性脳病態が示唆されており, 早期介入の重要性を支持するものである. またこれを, 長期予後改善のための治療標的として検討することも重要と考えられる. 「はじめに」近年, 統合失調症への早期介入が国際的に活発化し, わが国でも注目されている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る