<< 一覧に戻る

特別企画 再生医療の実現化ハイウェイ

(座談会)iPS細胞を使った再生医療の臨床応用に向けて

畠賢一郎高橋政代森実飛鳥福田恵一西田幸二松山晃文

再生医療 Vol.12 No.2, 23-31, 2013

「iPS細胞を用いた研究の概要と進捗状況」畠(司会)本日はお忙しい中お集まりいただき, ありがとうございます. 本座談会は「iPS細胞を使った再生医療の臨床応用に向けて」をテーマに, この分野でご活躍の先生方にご討論をお願いしたいと思います. よろしくお願いいたします. まずは先生方が手掛けておられる研究の概要, 臨床応用に向けての進捗状況をご紹介いただきたいと思います. それでは, 高橋先生からお願いできますでしょうか. 高橋 われわれは, 患者さんのiPS細胞から誘導した網膜色素上皮細胞をシート状組織にし, 加齢黄斑変性の網膜下に移植する治療法の開発を進めています. 2013年2月末に「ヒト幹細胞臨床研究に関する審査委員会」にプロトコルを申請していますので, そこでの審査, 患者さんの選定, 自家iPS細胞作製に8~10ヵ月程度要するとして, 実際の手術開始は1年後ぐらいの見通しです.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る