<< 一覧に戻る

Review(再生医療)

疾患特異的iPS細胞

齋藤潤中畑龍俊

再生医療 Vol.12 No.1, 19-32, 2013

「はじめに」人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cells:iPS細胞)とは, 京都大学の山中らによって樹立された幹細胞の一種である. その特徴は, (1)すべての細胞・組織に分化できる多能性(pluripotency)を有する, (2)体細胞より誘導できる, という点にある. 2006年にマウスiPS細胞1), 2007年にヒトiPS細胞2)が樹立された. ヒトの初期胚から作られるES細胞(embryonic stem cells)は, 個体のすべての組織へ分化することができるとされているが, iPS細胞も同等の万能性をもつ. しかし, 大きく異なるのは, ES細胞はヒトの受精卵を滅失して作成する必要があるのに対し, iPS細胞は線維芽細胞や血球など, ある個体の体細胞から人工的に樹立することができる点である. これらの万能性細胞から心筋や神経, 内分泌細胞などを分化・作出し, 再生医療のソースとすることが考えられているが, iPS細胞はES細胞に比べて, (1)ヒトの受精卵を使用しないため倫理的な問題が少ない, (2)自家移植であれば免疫拒絶のリスクが少ない, というメリットがある.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る