<< 一覧に戻る

循環器領域における再生医療の現状と展望

Ⅰ.基礎 内皮前駆細胞に関する研究の現状

室原豊明

再生医療 Vol.8 No.1, 34-40, 2009

「はじめに」1997年, 血管内皮前駆細胞(endothelial progenitor cell:EPC)の存在が成人の末梢血において確認され, これらの細胞が血管新生部位(毛細血管再生)に取り込まれ, 後天的な血管発生型"の血管再生を起こすことが示唆された1)(図1). その後これらの細胞は血管障害部位の内皮細胞の層を"補充する"あるいは"修復する"作用があるのではないかと考えられるようになり

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る