<< 一覧に戻る

スペシャリストに聞く

コロナウイルスの行く末

竹田誠

インフルエンザ Vol.23 No.4, 37-40, 2022

新型コロナウイルス感染症の流行は,6月下旬から7月上旬にかけて急拡大し,第7波が顕著になった.これは,ワクチン3回接種の効果が減少し始めたところに,それまでのオミクロン株の系統である「BA.2」から,約1.3倍感染力が高い「BA.5」に置き換わりが進んだためと考えられる.パンデミック以降,新型コロナウイルスはさまざまにかたちを変え続けているが,最終的にどのように落ち着くのだろうか.竹田誠先生に,このウイルスの「変異」「系統」の問題とウイルスの行く末について伺った.(聞き手:編集部)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る